19回 イオタ・カラギーナン入りの鼻と経口スプレーを自作する

イオタ・カラギーナン成分を使った鼻と経口スプレーはコロナウィルスの感染予防と重症化予防に極めて有効です。今回は防腐剤を使わない理想的なスプレーの自作法を紹介します。 

理想的と言うからには、市販品と同等かそれ以上の安全性と効果を示すスプレーです。 効果はコロナウィルスに限らず、インフルエンザの予防にも使える汎用性の高いものです。

イオタ・カラギーナンのスプレーの有効性

コロナウィルスの重症化予防は早期治療です。コロナウィルスが鼻と喉に付着した初期段階で感染拡大を抑えることが重要です。 その水際で防ぐことができるとコロナウィルスが肺にまで侵入しないので重症化にはなりません。 それにはイオタ・カラギーナンの鼻と経口スプレーが極めて有効です。 

詳しくは過去のブログ記事をお読み下さい。

Fig1.  左:スプレーとイオタ・カラギーナン 右:予備のイオタ・カラギーナン溶液と1包(0.6gと塩)と半包(0.3gと塩
Fig1.  左:自作スプレーとイオタ・カラギーナン個包装
右:予備のイオタ・カラギーナン溶液と1個包装(0.6gと塩)と半個包装(0.3gと塩)


イオタ・カラギーナンの鼻と経口スプレーの自作の材料

250gのイオタ・カラギーナン溶液を作ります。  

1) イオタ・カラギーナン        0.3g(水250gに対して)

市販品の点鼻薬ウイルセプチンの濃度(イオタ・カラギーナン:1.2mg/mL)と同じです。 

ウイルセプチンにはカッパー・カラギーナンも0.4㎎/mLも入っていますが、カッパー・カラギーナンの効果はイオタ・カラギーナンの10分の1なのでイオタ・カラギーナンに換算すると0.04㎎/mLとなります。 水250gに対して0.01gです。 その部分は少ないので無視しました。

2) 塩(塩化ナトリウム)        0.5gから1.0gの間

塩は家庭で使っている塩で十分です。 
市販品の点鼻薬ウイルセプチンの塩分濃度は調べましたが不明でした。 
それで人体の平均塩分濃度0.4%と同等かそれ以下にしました。*1 

3) 浄水器の水か500㏄のペットボトルのミネラルウォーター         

浄水器の水か、ミネラルウォーター(例えば高原の水、どこそこの名水など)
海外のミネラルウォーターは硬水(カルシウム成分が入っている)が多いのでダメです。 
浄水器を使わない水道水はカルキ(塩素が入っているので)ダメです。

4) スプレー容器                     15ml(㏄) か 30ml(㏄

100均で売っています。 ダイソー、セリア、キャンドウにあります。


用意するものはたったこれだけです。 

Fig2.  100均で売っているスプレー容器
Fig2.  100均で売っているスプレー容器


イオタ・カラギーナンの入手について

イオタ・カラギーナンはゲル化食材なので1㎏単位でネットで買えます。 だいたい約1㎏で6000円です。 1㎏あれば2000年分はあります。 1gで6円で、2年から3年分です。 

1gあれば自作には十分なので、いかに微量で購入できるかがポイントになります。 現時点で少量販売は私の知る限りではありません。 取り扱いの業者さんにお願いして少量販売をお願いするしかありません。  いずれ機会があれば業者に聞いてみます。 

ちなみに私は幸いなことにサンプルとしてイオタ・カラギーナン30gを頂きました。

その30gを500㏄用としてイオタ・カラギーナン0.6gと塩2gをある専門家方の御好意で個包装してもらいました。 私一人では消費しきれないので、来院された患者様に無料提供しています。  


自作方法

A) イオタ・カラギーナンと塩の計測方法

0.3gを計量する必要がありますが、特殊なハカリが必要です。家庭では無理です。
そこで家庭用の少しだけ精度の高い料理用のハカリを使い、その上で少し工夫します。

1)家庭では0.1g単位で測定できるハカリを用意します。 
2)最低測定量で取り出します。例えば2gで計量分を作ります。
3)次にアイスクリームのヘラなどを使って目測で6等分します。 1gなら3等分します。 
4)誤差はありますが、自作のスプレーで使う分には十分です。 

ちなみに、龍角散付属のさじに山盛りで計測すると0.3gらしいです。 
ちょうど欲しい量です。
龍角散付属のさじをお持ちの方はそれを使って下さい。
  

B)スプレー容器の洗浄

1)スプレー容器を開けて浄水器の水かミネラルウォーターを容器の半分まで入れます。 
2)蓋を閉めて振って容器中を洗浄して、水を捨てます。 
3)その時にスプレーを数十回してノズル内も洗浄します。 
4)それを数回繰り返します。

C) 保存容器の洗浄

浄水器の水かミネラルウォーターを使って保存容器を洗浄します。 
水を入れて振って洗浄します。
ミネラルウォーターの容器をそのまま保存容器に使うときは洗浄は不用です。

D)保存容器の250㏄

保存容器に浄水器の水或いはミネラルウォーターを250㏄入れます。 目測で大丈夫です。
ミネラルウォーターのペットボトルをそのまま使う場合は、半分まで中身の水を減らしてください。

E)保存容器にイオタ・カラギーナンと塩を入れる

Dで用意した保存容器の250㏄の水に計量したイオタ・カラギーナン0.3gと塩1gを入れます。

保存容器を蓋をしてよく振る。 
最初は解けませんが、振って攪拌を続けると透明になり全て溶けます。

F)スプレー容器にイオタ・カラギーナン溶液を移す(入れる)


以上、これで完成です。

注意点

防腐材は入っていませんので、保存容器に入った予備の分は冷蔵庫で保管してください。
雑菌により水も腐ると考えておいて下さい。 
一般に冷蔵庫に入れても1月と言われています。 

しかし今回は少し塩が入っています。 多少の防腐効果があります。
1月を超えた場合は、保存容器内の水の透明度や濁りで判断して下さい。

私は水の透明度や濁りを見ながら、できたら半年は保存し使いたいです。
しかし少しでも保存状態の悪化を見つけたら捨てます。
これは私の自己責任で行います。 

長期保存期間について、各自の自己判断と自己責任でお願い致します。
水の透明度や濁りが判断基準となります。


費用等

Viruseptinの点鼻薬 20mlの価格は$25です。 自作すればその費用の10分の1以下で作れます。 

一度に500ccの量の詰め替え用を作れば費用は280分の1になり、約7万円の価値になります。$25のViruseptinの25個分と今日の為替レート1ドル113円で計算しました。

自作でスプレーを作ると費用は100均で購入するスプレー容器とミネラルウォーター1本だけです。 イオタ。カラギーナンの部分のコストは10円以下です。 塩はもった安いです。
全体の自作コストを多めに見積もっても250円ほどです。

250円で約7万円の価値を持つものが作れます。 そしてコロナウィルスとインフルエンザの予防効果も見込めます。 大きな価値の創造になります。

自作キットとして通販の検討

今日の時点でEbayではViruseptinの経口スプレーの方を元値$28を$39で売っています。  
それでも売れるようなので価値はあるようです。

250円で約7万円の価値を持つものが作れますが、Ebayでの販売価格はもっと高い価格になっています、強気の価格設定です。 

イオタ・カラギーナンの微量の入手が難しいので、私がやったようにイオタ・カラギーナンと塩を個包装して自作キットとして通販で売ればビジネスになる思います。

セルフケア用の経口スプレーです。その材料は食品です。使用している量も微量です。生体(体)に害もないです。

しかし経口スプレーとなると医薬品扱いになってしまうことを恐れています。そうなるとお役所の許認可が気になります。

事前に厚生労働省にビジネスの許可について聞くと、通販となったとたん、たとえ食品材を微量に使った自作キットであっても、「やれ薬事法がどうのこうの」と言われて禁止されることをを想像してしまいます。 また許認可の担当役所のたらい回しで疲れて諦める状況も想像してしまいます。

実際に聞かないで想像だけではなんですから、実際に厚生労働省に聞いてみたいと思います。

イオタ・カラギーナンの過去のブログ記事

イオタカラギーナンのことをもっと知りたい方は、過去のブログ記事があります。
それをお読みください。

資料

人体の血液中の塩分濃度は0.9%ですが、細胞内の塩分濃度は低いので、細胞の内外の平均の塩分濃度は0.3%から0.4%です。 


コンテンツは全てオリジナルです。引用は明記しています。
著作権保護に配慮をお願いします。
Copyright © 2021 JidaiSay 

コメント

最近の注目

2回 コロナワクチンに関わる死亡の1位は心臓疾患( コロナウイルス関連情報 )

1回 コロナワクチン接種後の副作用を減らす具体的方法( コロナウイルス関連情報 )

8回 コロナワクチン接種後の死因の疑い1位が心臓の理由
( コロナウイルス関連情報 )