投稿

3月, 2021の投稿を表示しています

第2回 うつ病は脳の傷
( 鍼灸のハリ施術でうつ病を治す )

イメージ
うつ病は、脳にできた小さな傷が作りだしています。その傷を作るのはストレスです。  数多くのMRI画像で確認されている事実です。 その脳の傷が治ると、うつ病も治ります。  今回の記事は、うつ病の脳の傷をMRIイメージで使い説明します。 記事を書き終えて分かったのですが、この記事の内容は書籍「目で見る脳とこころ」と「心の病は脳の傷」からの解説と、それに対する若干の補足になりました。 脳の傷 うつ病は脳にできた傷です。 傷の場所は脳の扁桃体で、扁桃体の一部が欠損しています。 元東北大学教授の松澤大樹先生が1990年の前より、数多くの患者さんと数多くの脳のMRI画像で明らにされています。*1),*2) 傷と聞いてイメージされるのは線状の損傷ですが、うつ病の傷は、脳細胞が死滅して欠損ができ、凹みをもつ穴のような傷です。 ストレスが脳細胞の一部を死滅させて穴ができます。 う つ病が作る脳の傷(欠損)の図1  下に示す図1がうつ病患者と健常者の比較の脳のMRIイメージ図です。 右側が正常で、左側がうつ病のイメージ図になります。 左側のイメージ図で赤の矢印で示す部分が黒くなっています。 そこの脳細胞が死滅して無くなって穴が開いています。  それは扁桃体の「基底外側核群」と呼ばれる部分です。 扁桃体では、中央から下部を占め海馬に近い部分です。*2),4) 図1 うつ病の脳の傷 著者の田辺 巧氏の許可を頂き、 書籍「心の病は脳の傷」からの抜粋  統合失調症の脳の傷の写真 図2 統合失調症も、うつ病と同じように脳の扁桃体に傷があります。 傷の場所は少し違います。 扁桃体の「皮質内側核群」と呼ばれる海馬から遠い場所です。 形は半月形で、貫通穴です。そしてその傷のサイズはうつ病と比べて大きいです。*2),4) すなわち扁桃体とその周囲の神経細胞の欠損が大きいです。 本来働くはずの脳神経が無くなっているので、脳の機能が損なわれています。 下の図2の右側で、赤い矢印の部分が統合失調症の脳の傷を示しています。  上の図1の正常者とうつ病の傷を比べて頂くと半月形の傷の大きなが分かります。 元東北大学教授の松澤大樹先生はうつ病が悪化すると統合失調症になると考えてられていました。 私もその考えを支持します。 図2 統合失調症の脳の傷 著者の田辺 巧氏の許可を頂き、 書籍「心の病

鍼灸のハリ施術でうつ病を治す
第1回 まえがきと目次と概要

イメージ
鍼灸のハリ施術でうつ病が治せます。  薬を使わない鍼灸のハリ施術で、短期間(4回の施術で1月ほどで)でうつ病が正常値*1)になり、完治も期待できます。  革新的なブレークスルーについて説明します。  理論と実践の小さな積み重ねと検証で6年を要しました。  そして実績もあります。 Fig.1 ハリの実際の写真 自分の手に刺入 目次(テーマごとの ページ) 第1回  まえがきと目次と概要 第2回  うつ病は脳の傷(時代の大波が来ている) 第3回  ストレスが脳の傷と筋肉のコリを作る            第4回 鍼灸のはり施術でうつ病が治る理由      仮題 作成中          第5回 本当のセロトニンの働き                          仮題 準備中 第6回 セロトニンを増やす食事                           仮題 準備中 第7回 うつ病を改善するサプリメント                 仮題 準備中 鍼(ハリ)でうつ病を治す理論の基礎 鍼灸のハリ施術でうつ病を治すの理論の出発点は、元東北大学教授で放射線医の松澤大樹先生が見つけられた数々の発見と実践の成果です。  それは2冊の本で説明されています。 「目で見る脳とこころ」NHK出版 2003年と「心の病は脳の傷」うつ病、統合失調性、認知症が治る 西村書店2008年です。*2),*3) その中で理論の出発点として特に大きな比重を占めるのが、以下の2点です。 「うつ病は脳の傷」です 「うつ病の脳の傷」を修復するのは、脳神経幹細胞です。 Fig.1  うつ病の扁桃体の傷と正常者の比較 MRI 私が成し遂げた事 大きな絵を書きました。 うつ病の発生から完治までの大きな絵を書きました。 単なる理論だけに終わらず、うつ病を治す為の実践の理論です。 私が行ったことは科学です。普遍的で、誰でも使うことができる理論です。 再現性があり、私以外でも、同じように効果を出すことができます。 美術館に展示されているような横5メートル、縦3メートルの大きな絵画です。 絵画近づいて虫眼鏡で観察しても絵の具の刷毛跡が見えるだけです。  全体像は見えません。 絵画から少し離れて全体像を眺めて判断して下さい。 その理論を元に、ハリ施術法を開発しました。 実際にうつ病を短

第3回 老化の原理
(老化は病気、将来は治せるようになる)

イメージ
本「ライフスパン」*1)で説明されている老化の原理を、ざっくり説明します。   読書後の疑問を解消するために、自分で調べた内容で補足してあります。 老化を一言でいうと エピゲノム遺伝情報の維持が困難になったり、細胞内に ゴミが溜まった状態です。 一言で老化を説明しても、何が何かだかよく解らないと思います。 その補足説明をこれより下に書きます。 生活のインフラである道路の維持管理  特に、エピゲノムの遺伝情報の維持が重要です。 それを例えると、生活のインフラである道路の維持管理のようなものです。  エピジェネティクとエピゲノムとは DNAの塩基配列を変えることなく、遺伝子のはたらきを決めるしくみをエピジェネティクスとよび、その情報の集まりがエピゲノムです。 *2) 幹線道路であれば、交通量が多いので、痛みが激しいです。 道が大きく壊れる前に、早め早めに不具合箇所を修繕して、出来るだけ快適に長く使えるように管理しています。 維持管理が適切にできないと、道路は老朽化して最後は使えなくなります。 身体の老化も同じです。 エピゲノムの遺伝情報の維持管理が適切にできないと老化につながるります。 車で混雑している幹線道路 lorikoenig715によるPixabayからの画像 DNAの損傷 生命活動自体がDNAの損傷を引き起こす1番の原因です。  1つ細胞で1日に数万回の損傷を起きているといわれています。*3) 身体全体では、エラーの総計は100京にのぼると言われています。 本当にすごい数のDNAが損傷しています。  DNAの中には、遺伝子の維持管理と、損傷を修復する働きが備わっています。  維持管理の指令をする管理監督者 「遺伝情報の 維持管理」は、事務所いて維持管理の指令をする管理監督者のイメージです。 現場で直接修繕の作業をする現場作業員ではありません。  「遺伝情報の修復」は、現場作業員による修繕のイメージです。   DNAの大きい損傷 DNAの損傷が大きい時には、修復の現場では人手が足らなくなります。 その時は事務所にいる管理監督者も現場にヘルプ要員として派遣されます。  そうなると司令室に管理者不在が生まれ、日常の維持管理ができなく成ります。 その結果、遺伝情報の維持が困難になり老化が進みます。 DNAの損傷の修復のゴミ また細胞にDNAの損傷の修復で作られたゴミが