投稿

2月, 2021の投稿を表示しています

第2回 老化の全体像のまえがき
( 老化は病気、将来は治せるように成る )

イメージ
元巨人クロマティーはいない 老化はよく知っている言葉で、回りにいるおじいちゃん、おばあちゃん、自分自身に起きていることです。 老化がどのようなことか十分に理解しています。 しわ、たるみ、体力低下、気力低下、慢性病など、一目瞭然で、分かり易い現象です。 しかしその老化のメカニズムを突き詰めていくと、細胞、DNA、遺伝子、染色体、エピジェネティクスなどの言葉ができてます。 更にサーチュイン、NDA、アセチル化、ヒストン、クロマチン、いったい何、今まで聴いたことのない言葉が目白押しです。   そこからイメージできることは、「ガムをかんだクロマティーがヒルトンホテルに泊り、タバコを吸って汗をかいた」です。 なんじゃそれです。 抽象的な老化科学 また私の身近な人に、DNAを切った、貼ったする人はいませんし、DNAを肉眼で見た人もいません。 老化は、私達の身体で起きていて、本来はリアルな生命活動の世界であるはずが、感覚的には抽象的な世界です。 素粒子と同じです。 2人の老人 Isa KARAKUS PixabayによるPixabayからの画像 DNAはチンプンカンプン DNAの2重らせん構造という言葉だけは知っています。 しかし老化を細胞レベル、遺伝子レベルで理解するには、要求される知識の範囲が広く、更に専門的過ぎます。 身近な問題である老化ですが、専門外の素人には何が書いてあるかチンプンカンプンです。 それと専門家と言われる研究者やその分野の人が書いたものを読むと、モヤモヤと解消されない欲求不満の感覚が湧いてきます。 短い言葉でいうと「何が言いたいのか、わからない」です。  自分自身の知識無さは当然ですが、それでも本当に本質が解って書いているのかと、感覚的な疑問を感じることもあります。 研究者の方には申し訳けありません。 飽くまでも私の感覚です。 混乱で解らない サーチュイン、エピゲノム、エピジェネティックという言葉は分かりました。 説明も読みました。 しかしそこから生まれるは混乱です。 エピゲノムの混乱が老化を引き起こすというのと同じ混乱です。  混乱が作る解らないことは2つあります。 全てが解らない。  何が解らないか、解からない。   専門家でないので細部を理解するよりも、ざっくりと全体像を描いて理解しようとするのですが、それが出来ないので、「全てが解

第1回 老化研究者と家族が飲むサプリメント
( 老化は病気、将来は治せるようになる )

イメージ
老化の予防のサプリメントに関する記事です。   老化の研究で世界的に有名なハーバード大学医学大学院の教授、デイビット・A・シンクレア先生とその家族が飲んでいるサプリメントに関する情報です。  彼らが何をどれだけの量を飲んでいるか、書籍の「ライフスパン」から必要な情報を抜き出しました。  またそれを日本で入手する場合の入手性、コスト、効果などを独自に調べました。      オンライン同窓会と若返り 学校を卒業して初めて同窓会に参加しました。 40年数年ぶりに同級生に会いました。 コロナの影響でオンライン同窓会となり、遠くに住む私も参加できました。  私の同級生に対する記憶は当時の若いままでしたが、PCの画面に映る姿を見ると、「お互いに年を取ったな」と老化を実感しました。 みんなが等しく年を取り実年齢は平等ですが、外見が若く見えたり、反対に老けて見えたりして、若さに差があることもよく分かりました。  オンライン同窓会の中で、若返りに関する本を簡単に紹介しました。 話題の「ライフスパン」*1)です。 更に詳しい内容の説明を求められましたが、時間制限のあるオンライン同窓会なので、それはできませんでした。  オンライン同窓会後の総括メールの中でも、もう少し詳しい説明と具体的な若返りの手法のまとめを頼まれました。  老化防止、アンチエージング、若返りは、重要な関心事項であることが分かりました。 同窓生から頼まれた事を、メールではなくブログの記事にして、同級生と興味を持つ人々に向けて広く発信することにしました。 ブログの初回のテーマとして相応しいです。 正に時代性があり、新しい大きな波を感じます。  サプリメントのイメージ写真、老化は関係ありません。 Steve Buissinne によるPixabayからの画像 研究者とその家族が飲んでいる若返りのサプリメント 「老いなき世界」と最新の老化医学を紹介する本が「ライフスパン」です。 著者は、デイビット・A・シンクレア先生といい、ハーバード大学医学大学院の教授で、老化の原因と老化を遅らせる(広い意味での若返り)の方法に関する研究で知られる著名人です。 「ライフスパン」の記述で分かったことですが、デイビット・A・シンクレア先生本人とその研究チームの面々、更に彼らの家族も、「若返りのサプリメント」を習慣的に