第7回 うつ病は脳の傷を証明する撮影法が使えるようになった

うつ病は脳の傷です。 傷の場所は扁桃体です。 その傷を写す撮影法があって国際特許になっています。 

それが先月の2021年11月27日に国際特許の保護の期間が終了しました。
これからは誰でも撮影法を使って脳の扁桃体の傷を写すことができます。

世界中でうつ病は脳の扁桃体の傷の画像が撮影される

国際特許の撮影法は撮影装置のハードに依存しないソフト的なアイデアです。 
既存のMRI,CT、PETの撮影機器はそのまま使うことができます。

簡単に撮影することができるので、世界中で撮影されると考えています。

日本ではその事実は認めないと言っても、国境のないネットに画像が上がってきます。
隠しても隠し切れない事実として明白になります。


メンタル疾患の診断に大きな変化が来る

特許の撮影法を使うと脳の扁桃体の傷がはっきりと写すことができます。

うつ病は脳の扁桃体の傷なので、MRIで傷の大きなでうつ病の症状の程度が判定できます。 
傷の大きなから治療期間もある程度推定できます。

治療が適切であればその傷が小さくなっていきます。 
治療法の効果の判定が明確になります。
 
効果がある治療とない治療が明確に判別できるようになります。
数ある治療法の中でキララ鍼灸院のうつ病の治療は、脳の扁桃体の傷を回復を促進させる科学的な治療です。


キララ鍼灸院のうつ病の治療法を過去の連続記事で詳しく説明しております。 
下の記事から辿ることができます。 ぜひ記事をお読み下さい。


脳の傷の撮影法と国際特許に関する詳細

過去のブルグ記事で詳しく説明しております。
以下の見出しをクリックをお願いします。 





コンテンツは全てオリジナルです。引用は明記しています。
著作権保護に配慮をお願いします。
Copyright © 2021 JidaiSay

コメント

最近の注目

2回 コロナワクチンに関わる死亡の1位は心臓疾患( コロナウイルス関連情報 )

1回 コロナワクチン接種後の副作用を減らす具体的方法( コロナウイルス関連情報 )

8回 コロナワクチン接種後の死因の疑い1位が心臓の理由
( コロナウイルス関連情報 )