3回 米国と日本のアナフィラキシー発生率に差がない( コロナウイルス関連情報 )

2021年6月10日

Corona Vaccine アナフィラキシー コロナウィルス ワクチン

t f B! P L
日本のコロナワクチン接種後のアナフィラキシーの発生率が高いように言われています。
それを自分で確かめてみました。

コロナワクチン接種後のアナフィラキシー発生率を米国と日本で比較

データは、米国はCDC(米国疾病対策予防センター)、日本は厚生労働省のそれぞれの正式資料からです。


結論は、米国と日本のアナフィラキシーの発生率はほぼ同じです。


米国: 投与 100 万回あたり11件   *1)

日本: 投与 100 万回あたり13件    *2)
            169 件/13,059,159 回接種 


日本と米国は同じブライトン分類レベル1~3の発生件数です。 正しく比較ができます。

米国の資料にはデータに使われたアナフィラキシーのレベルの厳密な明記はありません。しかし資料の文章から推測すると分類レベル1~3の件数となっているようです。ブライトン分類レベルは1が最重度、数字が大きくなるにつれて軽微になります。

風を受けて進む船
アレルギー源を風に見た立てて、過剰反応する船を連想
40038によるPixabayからの画像

米国と日本の国民の体重差は関係ない

米国と日本の国民に大きな体重差があります。 特に日本の女性は世界的にも痩せています。 アナフィラキシーの発生率に差がないということは、体重差はアナフィラキシーの発生に関係がありません。 

直ぐには信じれませんが、データではそのようです。 
また専門家も体重は関係ないと言っておられます。


日本のアナフィラキシー発生率が高いと言われていた理由

症状の軽微なブライトン分類レベル4と5が含まれた件数で比較されていたと推測されます。 その数は約1000件弱です。

1157 件/13,059,159 回接種 
=> 投与100万回あたり89件 

となり米国の11件と比べてかなり多い印象になってしまいますが、同じレベル同士の比較ではなく、正しくはありません。


参考資料

1)Allergic Reactions Including Anaphylaxis After Receipt of the First Dose of Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine — United States, December 14–23, 2020 Weekly / January 15, 2021 / 70(2);46–51


2)厚生労働省新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

アナフィラキシーについて(資料1-4-1



コンテンツは全てオリジナルです。引用は明記しています。
著作権保護に配慮をお願いします。
Copyright © 2021 JidaiSay

Translate

ブログ内を検索

自己紹介

自分の写真
札幌市の鍼灸師です。

人と物の本質に強い好奇心があります。

徹底的に調べて更に自分で考える事が好きです。それを続けていると脳や人の本質に関わるメンタル疾患の治療も得意に成りました。

今はSF小説三体に刺激を受けて量子力学、物理に関心があります。 その知識がいつか治療に繋がればと淡い期待があります。

治療院にも一度お越し下さい。 科学的根拠があり再現性が高く即効性のある治療を行っております。

HP: kiraracare.com
ブログ1 時代Say jidaisay.kiraracare.com
ブログ2 光速100万㎞/s 100mankm.kiraracare.com
Twitter: @jidaisay

キララ鍼灸院
札幌市中央区北1条西28丁目5-10
パストラーレ円山101

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.

フォロワー