3回 米国と日本のアナフィラキシー発生率に差がない( コロナウイルス関連情報 )

日本のコロナワクチン接種後のアナフィラキシーの発生率が高いように言われています。
それを自分で確かめてみました。

コロナワクチン接種後のアナフィラキシー発生率を米国と日本で比較

データは、米国はCDC(米国疾病対策予防センター)、日本は厚生労働省のそれぞれの正式資料からです。


結論は、米国と日本のアナフィラキシーの発生率はほぼ同じです。


米国: 投与 100 万回あたり11件   *1)

日本: 投与 100 万回あたり13件    *2)
            169 件/13,059,159 回接種 


日本と米国は同じブライトン分類レベル1~3の発生件数です。 正しく比較ができます。

米国の資料にはデータに使われたアナフィラキシーのレベルの厳密な明記はありません。しかし資料の文章から推測すると分類レベル1~3の件数となっているようです。ブライトン分類レベルは1が最重度、数字が大きくなるにつれて軽微になります。

風を受けて進む船
アレルギー源を風に見た立てて、過剰反応する船を連想
40038によるPixabayからの画像

米国と日本の国民の体重差は関係ない

米国と日本の国民に大きな体重差があります。 特に日本の女性は世界的にも痩せています。 アナフィラキシーの発生率に差がないということは、体重差はアナフィラキシーの発生に関係がありません。 

直ぐには信じれませんが、データではそのようです。 
また専門家も体重は関係ないと言っておられます。


日本のアナフィラキシー発生率が高いと言われていた理由

症状の軽微なブライトン分類レベル4と5が含まれた件数で比較されていたと推測されます。 その数は約1000件弱です。

1157 件/13,059,159 回接種 
=> 投与100万回あたり89件 

となり米国の11件と比べてかなり多い印象になってしまいますが、同じレベル同士の比較ではなく、正しくはありません。


参考資料

1)Allergic Reactions Including Anaphylaxis After Receipt of the First Dose of Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine — United States, December 14–23, 2020 Weekly / January 15, 2021 / 70(2);46–51


2)厚生労働省新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

アナフィラキシーについて(資料1-4-1



コンテンツは全てオリジナルです。引用は明記しています。
著作権保護に配慮をお願いします。
Copyright © 2021 JidaiSay

コメント

最近の注目

2回 コロナワクチンに関わる死亡の1位は心臓疾患( コロナウイルス関連情報 )

第6回 ハリ施術でうつ病(脳の傷)が治る科学的理由
( 鍼灸のハリ施術でうつ病を治す )

1回 コロナワクチン接種後の副作用を減らす具体的方法( コロナウイルス関連情報 )